Papers
発表論文・学会発表等
  1. ゲーム画面を用いたコンピュータゲームの定量的分析に関する研究,伊藤廣紀・蒔苗耕司,日本デジタルゲーム学会2010年大会予稿集, pp.1-4., 2010.

  2. Analysis of Information Structure in Infrastructure Lifecycle, Koji Makanae, in Proceedings of the 1st International Conference on Sustainable Urbanization (ICSU2010), Hong Kong, Dec.,2010.

  3. DEVELOPMENT OF A CONSTRUCTION PLANNING TOOL BY INTEGRATION OF APPLICATION DATA, Takanori Terashima, Nami Amarume, Koji Makanae and Nashwan Dawood, in Proceedings Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2010), pp. 87-94, 2010.

  4. CONVR2010: Proceedings Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2010) Edited by Koji Makanae, Nobuyoshi Yabuki and Kazuo Kashiyama. Published by the CONVR2010 Organizing Committee ISBN978-4-9905537-0-8, 2010.

  5. 多次元情報表示型施工計画ツールの構築,寺島賢紀・蒔苗耕司・Nashwan Dawood,設計工学,Vol.45, No.10, 50-55,2010.

  6. Application of 3D terrain representation system for highway landscape design .MAKANAE, K. and DAWOOD, N.,  In Computing in Civil and Building Engineering, Proceedings of the International Conference, W. TIZANI (Editor), 30 June-2 July, Nottingham, UK, Nottingham University Press, Paper 8, p. 15, 2010. PDF

  7. AN EXPERIMENT ON DRIVERS’ ADAPTABILITY TO OTHER-HAND TRAFFIC USING A DRIVING SIMULATOR, Koji Makanae and Maki Ujiie, University of Sydney, in Proceedings on the 9th Conference on Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2009) ,287-293. PDF

  8. ドライビングシミュレータを用いた右側通行への運転者適応性評価実験 、氏家麻葵・蒔苗耕司,第8回ITSシンポジウムProceedings (CD-ROM),全6ページ).PDF.

  9. Development and Evaluation of a Tangible Terrain Representation System for Highway Route Planning, Koji Makanae and Nashwan Dawood, Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering, 24,225-235,  Blackwell Publishing, 2009.

  10. ウェブベース縦断線形データベースの構築とその応用,富井建・蒔苗耕司,第7回ITSシンポジウムProceedings (CD-ROM),2008.

  11. Development Of Three-Dimensional Spatial Data Model For Pedestrian Navigation Systems, Koji Makanae, in Proceedings on 8th Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2008), 26-40, Kuala Lumpur, 2008.

  12. Augmented Reality Application to Terrain Representation System for Highway Route Planning, Koji Makanae and Nashwan Dawood, in Proceedings of 12th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering, (CD-ROM), Beijin,  2008.

  13. 土木における情報の意義と役割,蒔苗耕司,土木学会論文集F,Vol, 64 No.2,148-162,招待論文,2008.5. J-STAGE

  14. 小電力無線通信を用いた車群内コミュニケーションシステムの構築と実 験,蒔苗耕司・高橋仁,第6回ITSシンポジウムProceedings (CD-ROM),2007.PDF

  15. タンジブル地形ディスプレイを用いた道路路線計画システムの開発,蒔苗 耕司,土木学会全国大会第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), CS6-.010, 2007. PDF

  16. Development of a 3D Highway Modeler Using a Driving Game Interface, Koji Makanae, in Proceedings of 5th Conference of Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2007; CD-ROM), 2007. SCIX

  17. Development and Evaluation of In-vehicle Signing System Utilizing RFID tags as Digital Traffic Signs, Yoshimichi Sato and Koji Makanae, International Journal of ITS Research, Vol4, No.1, pp.53-58, 2006. PDF

  18. 車車間通信技術を適用した運転者間コミュニケーションシステム,蒔苗耕 司・佐藤史朗,第5回ITSシンポジウムProceedings, pp.105-110,2006. PDF

  19. 3次元地形ディスプレイを用いた道路路線計画システムの構築, 蒔苗耕司・瓜田幸太,日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文集(CD-ROM),2006.

  20. Development and Evaluation of a Terrain Representation System for Highway Route Planning, Koji Makanae and Nashwan Dawood, Proceeding of 6th Conference on Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2006; CD-ROM), 2006. SCIX

  21. Development of Tangible Terrain Representation System for Highway Route Planning, Koji Makanae and Morio Nakahara, Conference Proceedings of Joint International Conference of Computing and Decision Making in Civil and Building Engineering (CD-ROM), 2006. PDF

  22. RFIDタグを電子道路標識とした車内標識提示システムの構築と検証, 佐藤義通・蒔苗耕司,第4回ITSシンポジウムProceedings, pp.265-270.PDF

  23. 触覚可能な地形表現システムの開発,日本バーチャルリアリティ学会第 10回記念大会論文集(CD-ROM), 2C2-1.pdf, 2005. PDF

  24. Terrain Representation Methods in VR Environment, K.Makanae and M. Nakahara, Proceedings of 5th Conference on Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2005; CD-ROM), 2005. PDF

  25. 交通流シミュレーションによる車車間通信導入効果分析,森杉育生・蒔苗 耕司,土木学会全国大会第60回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),4-042.pdf, 2005. PDF

  26. 無線LANを用いた運転者間コミュニケーションシステム,佐藤史朗・蒔 苗耕司,情報処理学会研究報告,2005, 89, 2005-ITS-22(15), 83-86, 2005.(電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.260, ITS2005-30, 49-52, 2005.)PDF.

  27. 仮想空間における地形表現手法,蒔苗耕司,CSIS Discussion Paper, 65, 7-11, 東京大学空間情報科学研究センター,2005. PDF

  28. Highway Modeling System by Parametric Path Model, Koji Makanae, Proceedings of the 2005 ASCE International Conference on Computing in Civil Engineering (CD-ROM), 2005. ASCE Research Library

  29. 立体視空間における情報重畳に関する評価実験,小助川真二・蒔苗耕司, 3次元画像コンファレンス2005講演論文集,157-160,2005.PDF

  30. プロダクトモデルと3次元/4次元CAD, 矢吹信喜・蒔苗耕司,土木学会誌,Vol.90, No.5, 23-25, 2005.

  31. 路車間/車車間通信導入評価のための交通流シミュレータの開発,森杉育 生・蒔苗耕司,平成16年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,514-515, 2005.

  32. 触覚可能な地形表現システムの開発,インタラクション2005論文集, 中原守勇・蒔苗耕司, CD-ROM論文・デモコンテンツ集, C311.pdf, 2005.

  33. 3次元都市空間データモデルの構築と歩行者経路案内システムへの応用, 蒔苗耕司・高木美紀,第3回ITSシンポジウムProceedings, pp.201-206, 2004.PDF(unrevised)

  34. 道路線形の関数表現を用いた道路設計情報モデルの構築とその実装,蒔苗 耕司,土木情報利用技術論文集, 13, 205-210, 2004. PDF

  35. 自律型測位を用いた歩行者経路案内システムの構築,大竹久美子・蒔苗耕 司,地理情報システム学会講演論文集, 13, 419-422, 2004. PDF(unrevised)

  36. 3D Traffic Noise Simulator for VR Environment, Koji Makanae and Koji Takahashi, Proceedings of 4th Conference on Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2004), pp.183-186, 2004.PDF(unrevised)

  37. 地形形成過程理解へのグラフィックシミュレーションの応用−海成段丘形 成シミュレーションを例として, 蒔苗耕司, CSIS Discussion Paper, 62, 15-19, 東京大学空間情報科学研究センター,  2004. PDF

  38. Highway Sequence Editor based on the Length-based Highway Product Model, Koji Makanae, Proceedings of Xth International Conference on Computing in Civil and Building Engineering,  Weimar, Germany, 2004.PDF(unrevised)

  39. デザイン情報学の研究教育環境に関する調査研究,平岡善浩・岡田ロベル ト・蒔苗耕司・本江正茂,宮城大学事業構想学部紀要, 6, 137-153, 2004.

  40. 自動走行支援のための経路情報モデルの構築,蒔苗耕司,第2回ITSシ ンポジウム2003 Proceedings,ITS Japan, pp.385-390,2003.PDF(unrevised)

  41. 3次元サウンドを用いた道路交通騒音予測・聴感シミュレータ,蒔苗耕 司・高橋幸治,土木学会土木情報利用技術論文集, Vol 12, pp.133-138, 2003.PDF(unrevised)

  42. 歩行者経路案内のための3次元都市空間データモデルの構築,蒔苗耕司・ 高木美紀,地理情報システム学会講演論文集, Vol.12, pp.55-58, 2003.PDF(unrevised)

  43. コンピュータシミュレーションによる海成段丘発達形態に関する一考察, 蒔苗耕司,日本地理学会発表要旨集, No.64, pp.125, 2003.PDF

  44. Development of the VR-CAD System for Landscape and Town Planning, Koji Makanae, Proceedings of 3rd Conference on Construction Applications of Virtual Reality(CONVR2003), Virginia Tech, pp.114-121, 2003. PDF

  45. HMDを用いた3次元都市空間モデリングシステム,蒔苗耕司・一ノ坪 平,3次元画像コンファレンス2003講演論文集, pp.221-224,2003.PDF(unrevised)

  46. 宮城大学のファシリティマネジメントに関する調査研究,梶功夫・仲隆 介・蒔苗耕司・本江正茂・熊坂恭洋,宮城大学事業構想学部紀要2002, 第5号, pp.25-39, 2003.

  47. 画像処理技術を用いた新たな道路標識システムの提案, 蒔苗耕司・菅野照,第1回ITSシンポジウム2002 Proceedings, ITS Japan, pp.137-142, 2002.PDF(unrevised)

  48. 新たな社会基盤としての建設情報モデルのあり方(パネルディスカッショ ン座長), 蒔苗耕司, 第27回土木情報システムシンポジウム講演集, 土木学会, pp.125-126, 2002.

  49. ヘッドマウントディスプレイを用いたVR-CADシステムの構築,蒔苗 耕司・一ノ坪平,土木学会第57回年次学術講演会講演集(CD-ROM),IV071, 2002.

  50. 画像認識技術を用いたin-vehicle signing system, 菅野照・蒔苗耕司,電子情報通信学会フォールトトレラントシステム研究専門委員会第6回アシュアランスシステム研究会, pp.28-31, 2002.

  51. Highway geometric modeling method by curvature and gradient functions, Koji MAKANAE, eWork and eBusiness in Architecture, Engineering and Construction(European Conference of Product and Process Modeling 2002 Proceedings), 463-464, 2002. PDF

  52. Functionalization of Highway Alignment for Computer-Based Design, Koji MAKANAE, Proceedings of the 9th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering, pp.877-882, 2002. PDF(unrevised))

  53. Stereoscopic Systems for 3-D Highway Route Planning on Aerial Photo-graphs, Koji MAKANAE, International Journal of Design Sciences & Technology, Vol.9-1, pp.15-22. Europia Productions, 2002.

  54. 道路施設管理システムインターフェースへのweb3Dの応用,蒔苗耕 司・伊東俊明, 土木学会土木情報システム論文集, Vol.10, 121-128, 2001.PDF(unrevised)

  55. 3D highway route-planning system on the virtual terrain by aerial photographs, Koji MAKANAE, Advanced in Design Science & Technology, Europia Productions, 171-182, 2001.PDF(unrevised)

  56. An application of Parametric Curves to Highway Alignment, Koji MAKANAE, Journal of Civil Engineering Information Processing System in 2000, 169-176, 2000.

  57. Three-dimensional Highway Alignment Design System Using Stereoscopy of Aerial Photographs and Computer Graphics, Koji MAKANAE,  Computing in Civil and Building Engineering Vol.2(Proceedings of the Eighth International Conference (ICCCBE-VIII)), ASCE, 1497-1502,2000.

  58. 曲率関数・勾配関数による道路幾何構造の3次元設計,蒔苗耕司,土木学 会論文集, No.639/IV-46, pp.13-22, 2000.PDF(unrevised)

  59. パラメトリック曲線の道路線形への適用,蒔苗耕司,土木学会土木情報シ ステム論文集, Vol.8,pp.231-238, 1999.PDF(unrevised)

  60. ITSの現状と課題,蒔苗耕司・福田正,電子情報通信学会技術研究報 告,Vol.99, No.160, pp.33-37, 1999.

  61. 3次元による設計と設計情報のあり方,蒔苗耕司,平成11年度土木情報 システム仙台セミナー'99,(社)土木学会,pp.15-19, 1999.PDF(unrevised)

  62. 電子化情報の標準化の必要性と範囲−土木CAD製図ガイドの策定に向け て−(パネルディスカッション資料),蒔苗耕司,第23回土木情報システムシンポジウム講演集,pp.167-168, 1998.

  63. THREE-DIMENSIONAL DRAWING MODULE FOR HIGHWAY SIMULATION,Koji MAKANAE, Journal of Civil Engineering Information Processing System in 1998,pp211-216.

  64. パラメトリック曲線を用いた3次元道路線形の応用,蒔苗耕司,土木学会 第53回年次学術講演会講演概要集第4部,pp.496-497.

  65. 航空写真とCGを用いた3次元路線計画システム,蒔苗耕司・福田 正, 土木学会論文集,No.590/IV-39, pp.23-30,1998.

  66. 3次元描画モジュールによる道路線形の検討,蒔苗耕司,土木学会土木情報システムシンポジウム論文集Vol.6,pp.127-132,1997.

  67. CGと航空写真との合成による3次元路線設計,蒔苗耕司,土木学会第 52回年次学術講演会講演概要集第6部,pp.92-93,1997.

  68. VRMLを利用した道路の線形設計,蒔苗耕司・藤井章博,土木学会第 22回土木情報システムシンポジウム講演集,pp.185-188,1996.

  69. CGによるビジュアライゼーション,蒔苗耕司,(社)建設コンサルタン ツ協会近畿支部第28回業務研究発表会論集,pp.91-95,1995.

  70. 土木分野におけるVR技術適用の可能性,蒔苗耕司・千葉洋一郎・八木貞 幸,パシフィックコンサルタンツ(株)総合研究所報告第3号, pp.33-38,1995.

  71. 建設コンサルタントにおけるCAD/CGの利用,蒔苗耕司,土木学会平 成6年度全国大会研究討論会資料(CAD/CGは土木を変えられるか),pp.9-13,1994.

  72. 道路計画分野におけるCGの活用に関する研究,千葉洋一郎・蒔苗耕司, パシフィックコンサルタンツ(株)総合研究所報告第2号,pp.198-199,1994.

  73. 土木分野におけるCGの活用に関する研究,千葉洋一郎・蒔苗耕司他,パ シフィックコンサルタンツ(株)総合研究所報告創刊号,pp.74-91,1992.

  74. 島根県浜田地震(1872年)の地形学的検討,藤森孝俊・蒔苗耕司・山口勝・川口隆・太田陽子,地学雑誌99-2,pp.44-59,1990.

  75. 東北地方北部で見出した段丘をきる断層露頭,太田陽子・藤森孝俊・蒔苗 耕司,活断層研究6,pp.9-19,1989.

  76. 北海道焼尻島・天売島の海成段丘(要旨),蒔苗耕司,新地理35-1, 1987.

学位論文
  1. CGを用いた道路線形の3次元設計に関する研究,蒔苗耕司,東北大学大学院情報科学研究科博士論文,1998.

  2. 異なった諸条件下における海成段丘形態の差異,蒔苗耕司, 横浜国立大学教育学研究科修士論文,1990.

その他(共同プロジェクト,委員会関 係)
  1. 設計情報小委員会活動報告,蒔苗耕司・政木英一,土木学会土木情報利用 技術講演集, Vol.28,pp.91-98,2003.

  2. 平成13年度設計情報小委員会活動報告(共同) ,土木学会土木情報利用技術委員会設計情報小委員会,2002.

  3. 平成11・12年度土木CAD小委員会研究報告書(中間報告)(共同),土木学会土木情報システム委員会土木CAD小委員会,2001.

  4. 平成9・10年度土木CAD小委員会活動報告書(共同) ,土木学会土木情報システム委員会土木CAD小委員会,1999.

  5. 平成7・8年度土木CAD小委員会活動報告書(共同) ,土木学会土木情報システム委員会土木CAD小委員会,1997.

  6. 平成5・6年度土木CAD小委員会研究報告書(共同) ,土木学会土木情報システム委員会土木CAD小委員会,1995.

  7. 中国長江三峡プロジェクト実態調査報告書(共同),パシフィックコンサルタンツ(株),1994.

委託業務等経歴

  1. 平成2年7月 土地家屋評価システム更新業務
  2. 平成2年11月 東京都都市計画局 都市計画データベース作成業務
     (以上 (株)パスコ)
  3. 平成2年12月 東京都財務局 東京国際フォーラム建設に伴う建設残土及び廃棄物利用に関する調査
  4. 平成3年2月 国土庁 雑用水利用実態調査
  5. 平成3年3月 東京都都市計画局 雑用水有効利用に関する調査
    (以上 (株)日本能率協会総合研究所)
  6. 平成4年3月 東京都多摩都市整備本部 多摩尾根幹線環境調査委託
  7. 平成4年12月 首都高速道路公団 浮島インターチェンジ走行検討
  8. 平成5年3月 建設省関東地方建設局 道路地下利用広域ネットワーク計画策定業務(その4)
  9. 平成5年3月 阪神高速道路管理技術センター 淀川左岸線交通安全対策研究業務(その2)
  10. 平成5年3月 日本道路公団 東京湾横断道路空間計画検討業務
  11. 平成5年3月 首都高速道路公団 トンネル構造物設計資料作成業務
  12. 平成6年3月 首都高速道路公団 浮島インターチェンジ走行検討(その2)
  13. 平成6年3月 北海道開発局開発土木研究所 交通計画のための基礎資料調査業務(交通流シミュレーション作成1)
  14. 平成6年3月 国土開発技術研究センター ダム付替道路計画設計手法検討業務
  15. 平成6年3月 首都高速道路公団 トンネル構造物設計資料作成業務
  16. 平成6年12月 北海道開発局開発土木研究所 休日交通渋滞対策検討業務(交通流シミュレーション作成2)
  17. 平成6年12月 首都高速道路技術センター 浮島インターチェンジ照明方式基本検討
  18. 平成7年2月 JR東日本安全研究所 踏切周辺道路施設改良効果に関する調査研究
  19. 平成7年3月 北海道開発局開発土木研究所 自動車運転挙動検討業務
  20. 平成7年3月 首都高速道路公団湾岸線建設局 浮島インターチェンジ走行検討(その3)
  21. 平成7年3月 国土開発技術研究センター ダム付替道路の計画設計手法検討業務
  22. 平成7年9月 北海道開発局開発土木研究所 都市内高速道路渋滞対策検討業務(交通流シミュレーション作成3)
  23. 平成7年10月 首都高速道路公団 浮島ジャンクション説明用資料作成業務
  24. 平成8年3月 国土開発技術研究センター 自然環境からみた貯水池沿岸道路計画検討業務
  25. 平成8年3月 福島市建設部 踏切調査及び安全対策設計業務委託
  26. 平成8年3月 建設省中部地方建設局 管内高規格幹線道路整備計画業務委託
  27. 平成8年7月 JR東日本安全研究所 道路空間における踏切安全対策評価に関する調査研究
    (以上パシフィックコンサルタンツ(株))
  28. 平成9年3月 宮城県企画部 県立大学設置に関する調査

研 究内容・共同研究に関する問い合わせは下記まで

〒981 -3298 宮城県黒川郡大和町学苑1
宮城大学事業構想学部デザイン情報学科  蒔苗耕司
E-mail:
makanae@myu.ac.jp

本サイトへのリンクフリーですが,リンクはトップページにお願いします.
本サイトの情報の著作権は宮城大学 蒔苗研究室(蒔苗耕司; Koji Makanae)に帰属します.

(c)Makanae Lab. 2004